秩父屋台囃子振興会

Tel 080-6543-3677

体験申込

秩父夜祭と屋台囃子

毎年12月2日 (宵宮)・3日 (大祭) に行われる秩父神社の例大祭『秩父夜祭』は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とならんで日本三大美祭・日本三大曳山祭 (ひきやままつり) の1つとして有名です。
2016年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。
12月3日の大祭には、4台の屋台と2台の笠鉾の計6台の豪華絢爛な山車 (だし) が秩父の市街地を曳行 (えいこう) されます。
そして、その山車の中で打たれている太鼓が秩父屋台囃子です。
重さ最大20トンもある山車が前進するときは豪快な大太鼓が打ち鳴らされ、山車が方向転換 (ギリ廻し) するときは軽快な小太鼓の「玉入れ」が打たれます。
山車には屋台囃子演奏のために15~20人が乗り込み、山車の中の限られた狭いスペースで演奏します。
そのため、座って太鼓を打ち鳴らすという、郷土芸能の太鼓の中でもめずらしい「座位打ちスタイル」が確立されたのです。
屋台囃子の演奏は、笠鉾であれば床下の土台の中、屋台であれば幕で囲まれた楽屋の中で行われるため、外からは太鼓を打っている姿は全く見ることができません。
初めて夜祭見物に来た人が「どこで太鼓を打っているのか?」と不思議がるのもそのためです。
しかし演奏風景が全く見えないからこそ、山車の中から響いてくる太鼓の音は迫力満点なのです。


中近 (なかちか) 笠鉾

下郷 (したごう) 笠鉾

宮地 (みやじ) 屋台
     

上町 (かみまち) 屋台

中町 (なかまち) 屋台

本町 (もとまち) 屋台

元来お囃子とは、屋台や笠鉾などの山車を囃し立てるのが主な目的であり、それ自体が主体性を持つものではなかった。
秩父屋台囃子は、外からは見えない場所から、屋台や笠鉾を、そしてそれらを曳く曳き子たちを囃し立て、鼓舞するためのものであり、祭礼ではあくまでも脇役に徹している。
この点、川越や熊谷、佐原や八王子など関東各地の山車祭りでは、お囃子は山車の最も目立つところに陣取り、それ自体が祭礼の主役になっているところに大きな違いがある。
秩父屋台囃子は、今なお本来のお囃子の姿を失っていないのである。
                           (参考文献/さきたま出版会「秩父夜祭」より抜粋)

屋台囃子の太鼓演奏

小太鼓の拍子「テケテッケ」

秩父屋台囃子の小太鼓の拍子 (リズム) は「テケテッケ」と打ちます。
「テケレテッケ」とも呼ばれています。
多くの和太鼓グループのように「テケテケ (トコトコ)」と左右交互に打つ単純な2拍子の連打ではありません。
「テ (右)・ケ (左)・テッ (右)・ケ (左)」と4打で打つのです。
2拍子のテケテケとの違いは、テケテとケの間に「ッ」という短い【間】が入ることです。
それを続けて「テケテッケテケテッケテケテッケテケテッケ・・・」と打ちます。
一見難しそうに感じますが、これを打つにはコツがあり、それを知らずに「テケテッケ」という言葉だけを捉えて打てば、うまく打てるようになるまでにはかなりの時間を要します。
太鼓教室ではそのコツを初心者の方に最初からお教えしていますので、すぐに慣れて「テケテッケ」が打てるようになります。
秩父屋台囃子の小太鼓の拍子は、他の郷土芸能の太鼓には類を見ない秩父ならではの独特な拍子です。

大太鼓

大太鼓の節 (フレーズ) は、大きく分けて「大波」「小波」「ドコンドコン」「つなぎ」などから構成されています。
実際の演奏では、1人の打ち手が大波・小波を2~3回くらい打ち、次の人へバトンタッチしていくというのが一般的なパターンです。
大太鼓は (基本となる節から大きく外れなければ) どのように打っても自由なので、打ち手はそれぞれ自分独自の屋台囃子を打ち、他人との違いを表現します。
いずれにしても、大太鼓は小太鼓の拍子「テケテッケ」にしっかり乗せて打つことが大事です。

玉入れ

玉入れは屋台囃子の集大成です。玉入れはコロコロと玉を転がすように軽快に打ちます。
玉入れにも大太鼓と同じように「大波」や「小波」があります。
但し、打ち方は同じではありません。
玉入れにも基本となる節があり、大太鼓同様 (それを大きく外れなければ) どう打っても自由なので、打ち手によって演奏が違います。まさに玉入れは打ち手のセンスと技のみせどころです。
実際に山車の中で打たれる玉入れは、重さ最大20トンもある山車がギリ廻しされるときに打たれますので、ギリ廻しに時間がかかった場合、1人の打ち手が10分以上打つ場合があります。

昔の屋台囃子

秩父屋台囃子は、その素晴らしい演奏が先人たちから脈々と受け継がれてきました。
昔は「名人」とか「達人」と呼ばれる人が、各町会にゴロゴロいたそうです。
そして、そういった人たちは「聴かせる太鼓」「鳴らす太鼓」を打ったそうです。
その当時の演奏は、小太鼓の拍子もブレることなくきれいに揃っており、アップテンポの実に素晴らしい屋台囃子です。